最近は女性の復職に積極的な職場も多いですよ!

ブランクは転職にデメリットとなるか?

Q. ブランクは転職にデメリットとなるか?

家族の介護のために現場を離れた看護師です。現在は手が空き、正職員として働くことができるようになりました。 しかし、ブランクが2年ほどあるため、雇ってもらえるか不安です。

転職サイトの求人を確認すると、魅力的な条件が多数ありましたが、 ブランクがマイナスに働くようであれば転職も考えものです。 できるだけ今までのように看護師として働きたいと思っていますが、 ブランクがあっても就職はできるのでしょうか。

A.状況によって異なるものの、基本的にはブランクがあっても転職は十分可能。

すぐに現場で機能するような人材を募集している場合にはそぐわないものの、 しっかりとした教育体制が整っているところであれば、 ブランクがあっても転職には支障がない場合がほとんどです。

経験していてもスキルが充足していないということは、戦力にはなりません。 人手が不足している状況で求人を出している場合は、 できるだけ早期に一人前として働くことができる人材を探しています。

今までの経験が役立つ場合も十分考えられるため、 ブランク=不採用とは考えない方が良いでしょう。 少なからず現場を経験している場合には、 企業の理念に即した人材として機能する可能性があります。 だからこそ、看護師の転職には、ブランクの有無を重要視しないのです。

仕事へのヤル気は、患者サービスに活かすこともできます。 今何をすべきかを考えたのち出した決断であれば、 転職先で自分の個性を打ち出した仕事ができる日も遠くはないはずです。

条件にブランク受け入れについての情報掲載がなかった場合であっても、 受け入れを行っていることもあるので、まずは問い合わせが肝心です。 受け入れの雰囲気や、それぞれの教育方針など、気になるところへの転職もできるはず。

新たな環境で働く場合には、知識や経験の差が生じていても、 優秀な教育システムが機能しているところがあります。 現状把握から対策立案までがまとめらていると、早期の教育も期待が持てます。

↑ PAGE TOP