うつ病にならない為にはどうすればいいのでしょうか?

看護師とうつ病の問題

近年、病院や医療機関において「接客サービス」が重視されるようになってきています。また、患者側も自身のことをお客様と認識し、病院側に過剰なサービスを求めるケースも目に付くようになってきました。このことが関係し、最近は患者とのコミュニケーションに大きなストレスを感じる看護師も増えてきているとされています。

看護師は、人の命を預かる現場で働くため、日常的に多大な責任とストレスを感じています。それに加え、患者側からのプレッシャーが増しつつある現状は、看護師の心身に多大な影響を与えていると言えます。それに加え、慢性的な人員不足による労働環境の過酷さ、女性の職場特有の人間関係の難しさなども加わり、看護師が心のバランスを崩してうつ病を発症するケースは、年々増加傾向にあります。

厳しい勤務体制の中で精神的・身体的に大きなダメージを受けてうつ病を患ってしまった看護師の多くは、一旦休職・離職という手段をとることとなります。しかしながら、これらの手段を取っただけでは改善しない場合も多いとされています。

うつ病の療養のために離職をしたものの、前回の職場経験が「トラウマとなっているために、復職が上手くいかないという事も少なくありません。そうなってしまっては、看護師国家資格も経験も、医療に対する想いも活かすことができません。一度うつ病になると、復職が可能となるまでに数年かかることも難しくなく、最悪の場合には、看護師として働くこと自体を諦めることにもつながりかねません。

看護師として働く以上、うつ病のリスクを負うことから逃れることはできません。しかし、うつ病になる前に対策を打つことは可能です。看護師がうつ病になる原因の多くは、職場にあります。人間関係や業務内容、勤務形態や雇用条件など、心身に大きなダメージを与える要因の多くは、職場を変えることで改善することができます。

今の職場に悩みや不満を持つ方は我慢し続けるのではなく、心身のバランスを崩す前に転職を考えてみるのも一つの手だと言えるでしょう。

↑ PAGE TOP