退職理由は重要なポイントなのでチェックしておきましょう!

看護師が転職する場合:前職場の退職理由の答え方

「給与の不満」や「人間関係のトラブル」など転職理由がネガティブな場合があるでしょう。 けれども面接時に「退職した理由は?」と聞かれて、そのまま話すのは懸命な方法ではありません。 ここでは、看護師が転職する場合を想定して前職場の退職理由の答え方についてご紹介いたしましょう。

転職理由をネガティブに答えてしまって失敗する看護師が多いです。 前の職場の退職理由はポジティブな内容にする方が印象としては成功します。 「スキルアップをしたいから」なんていうのは当然ですが「××の専門分野に強いこちらの病院で実践経験を積みたいから……」なんて前向きな回答なら満点です。

現在の仕事場での待遇や人間関係が転職理由ならば「あなた自身がどういった看護をしたいのか」を一度考えてみてください。「これから自分がやりたい看護とは?」「今の病院で理想的な仕事ができているのか」を見直してみましょう。そうすることで将来の展望が見えてくるはずです。

これまでの看護経験を振り返ることは転職には一番大切です。 退職理由にプラスして転職したい病院の取り組み姿勢や特徴を関連づけた内容を退職理由と志望動機にすることによって面接官が希望して納得できる回答になるでしょう。

しかしながら「給与」「休日」「人間関係」など気になる点は解消しておく必要があります。 その場合の質問も「何か質問はありますか?」と聞かれてから発言すると良いです。 自分から労働条件を質問するのはあまり好印象ではないです。

かといって聞きにくくなって条件に妥協して就業するのはよくありません。 その場合は看護師専門の転職サイトを利用するといいでしょう。 コンサルタントが些細な不安点も解消してくれます。

面接の時に、人間関係や仕事の忙しさを質問しなくてもコンサルタントが情報を持っているし条件交渉もしてくれます。 コンサルタントは求人票には記載しきれない情報を多数持っています。 また、あなたが直接聞きにくいことを質問するとあなた自身の評価が下がる危険性もあります。

以上、前職場の退職理由の答え方についてご紹介いたしました。 看護師専門の転職サイトを利用すれば、あなたが希望する医療機関に推薦するスタイルで紹介してもらえます。 医療機関は信頼しているコンサルタントから紹介された看護師を高く評価してくれるのです。

↑ PAGE TOP