看護師の仕事で一番大変だと思うことは?

看護師の転職理由とは?

看護師という仕事は非常にハードです。もちろん、医療機関によっては、時間から時間にしっかりと勤務が終了し夜勤などなく帰宅できる医療機関もあります。しかしほとんどの医療機関は、早朝から深夜、もしくは深夜から早朝までと看護師数が不足である事から、ハードな勤務状況である事が多いです。

そのため、看護師による転職が非常に多いです。 もちろん、その忙しさが看護師という仕事に対するやりがいになっているとも言えるでしょうが、思うような給料がもらえないとか、仕事がハードすぎる等の不満から転職を希望する看護師さんはとても多いです。

看護師の転職理由の多くが結婚によるものですが、お給料に不満を持ち転職を考える看護師さんも少なくありません。看護師という仕事は極端にいえば1日中仕事をしているようなものですから、それに見合う収入でない場合、転職を考え、仕事に応じた報酬を得られる場を探すのは当然かと思います。

看護師という仕事は高い専門性が必要ですが、それ以上に患者、医師、看護師仲間とのコミュニケーション能力も重要です。なので、こうした人間関係が上手くいかない事による転職も看護師さんの転職理由には多いです。

いずれにしても看護師の転職理由は様々ですが、やりがいがある仕事だからこそ、それ相当の報酬が欲しいと望んだり、人間関係のこじれを解消するために、スキルを高めるために転職を考えるのは仕方ないことかもしれません。

看護師という仕事は、確かにハードな現場ではありますが、結婚や出産後もいくらでも復帰する事ができる女性には嬉しい職場です。転職をしてまで看護師を続けたいと思えるくらい素晴らしく、人生の糧になる仕事でもありますが、やはり日々任務をこなす中で何かしらの不満は出てくるものです。

そのため、看護師による転職希望者というのは非常に多く、看護師の平均転職回数は看護師ひとりに対しおおよそ2~3回という結果が出ています。

↑ PAGE TOP