働く側も雇う側にもメリットがある転職支援サービス

看護師専門の転職サイトのビジネスモデル

看護師専門の転職サイトは看護師が転職を考えるときに「無料」で利用できます。 ボランティアでやっているのではなくて事業で行っているはずです。 ここでは、看護師専門の転職サイトのビジネスモデルについて説明したいと思います。

看護師専門の転職サイトに登録すると専任アドバイザーから求人の紹介をして貰えます。 面接の助言や給与の交渉まで手厚くサポートをしてくれます。 このようなサポートのみならず会社によっては転職が決まると転職祝い金までくれるサービスをしている会社もあります。

看護師専門の転職サイトは「無料」で転職のサポートをしてくれるハローワークのような組織というイメージでしょう。 実際には二つの顔を持っています。

1つ目は求職をする看護師に対する転職の支援をしたりサポートをする顔です。
2つ目は病院やクリニックなど医療施設の求人側に対する採用の支援をしたりサポートする顔です。

要するに看護師専門の転職サイトは、仕事を探す個人に対しての転職サポートという側面だけではなくて、優秀な看護師を採用したいという医療施設に対しての採用支援や採用コンサルティングを行っている企業と言えるのです。

看護師専門の転職サイトの求人側のクライアントは、看護師を採用したい病院・クリニック・医療施設などになります。 現状ではどこの職場も看護師の確保が上手くいっていません。 それを手助けするのが看護師専門の転職サイトの役割になります。

求人側の看護師採用の支援企業ですから個人からではなくて病院やクリニックや医療施設から看護師採用の成功報酬として手数料をもらうことで運営されていることになります。 こういった仕組みになっていますから、転職を希望する看護師のユーザーから課金しなくても事業が成立するわけです。

看護師専門の転職サイトを運営するには厚生労働省から<有料職業紹介事業>についての認可を受けなければなりません。 この事業は職業を斡旋する場合に求職者から金銭を受け取ることを禁止しています。 基本的に転職する看護師ではなくて採用する企業から費用をいただく仕組みになっているのです。

以上、看護師専門の転職サイトのビジネスモデルについて説明しました。

↑ PAGE TOP