保育園看護師を目指してみてはいかがでしょうか?

保育園看護師の仕事とは何か?

2008年に厚生労働省の保育園の指針が改正され、2012年までにすべての私立・認可保育園に看護師を配置することが義務付けられました。また、公立保育園でも看護師の配置に対して、最大限努力するとされました。

これを受けて、看護師の資格を持っている場合は、病院への転職だけではなくなりました。 保育園は、0才児から小学校入学前の子どもが集団生活している場所ですから、子どもの安全や健康を守ることが一番の仕事になります。

また、急な発熱などの病気やケガの手当てを行いますが、医師の許可が必要な投薬や注射をするのは禁止されています。 例えば、すり傷や切り傷のした場合は、消毒をして絆創膏を張る、頭をぶつけたら冷やして様子を見るなどの処置にとどまります。

保育園看護師だけでは処置しきれない場合は、保育園の担当病院や保護者が希望する病院で治療をしてもらい、保護者に連絡をするのが一般的です。 保育園に預けられている子どもの多くは、両親が共働きの場合が多いので、保護者が迎えに来るまでの間、保育園看護師がケアを行います。

このようなことから、保育園看護師求人の募集があったとしても、医療施設での勤務経験が必要とされており、特に、小児科を担当した看護師の方が採用に有利になる場合もあります。 保育園にも養護室が設けられていて、養護室で待機するという勤務形態は少なく、看護師であってもクラス担当に配属されて、保育士の補助をすることもあります。

そのほかには、保育園にもよりますが、「保健だより」を作成したり、流行している病気の告知や注意を促す掲示物を作成したりする仕事もあります。保育園看護師は、1つの保育園に対して1人というところが多いようです。

そのため、病気やケガをした複数の子どもを1人で看護しなければならないこともあります。 また、多くの保育士の中で仕事をすることに難しさを感じることもあるでしょう。 看護師と保育士を別なものと考えずに、同じ保育園の働く者同士として考えられるようになるとよいですね。
栃木県看護協会